咽頭にもクラミジアが感染する?

咽頭クラミジアとはどのような性病なのか?

性病のなかでも意外にも感染者が多い咽頭クラミジアについて解説します。

 

クラミジアというと、性病のなかでもポピュラーな種類だと思われますが、咽頭クラミジアという病名はご存知でしょうか。

 

咽頭クラミジアは性器ではなく、咽頭にクラミジアが感染するケースのことをいいます。

 

咽頭という名称は、一般的に言えば、喉の奥のあたりだと解釈しておけばいいでしょう。

 

喉の奥に原因となるクラミジアが感染すると、ノドに違和感や不快感を感じたり、咳や痛みを伴うこともあります。

 

咽頭クラミジアの症状は個人差もあり、風邪をひいたときの症状と似ていることもあり、分かりづらい面もあります。

 

なかなか治らなかったり、風邪と違うなと思ったら、咽頭クラミジアを疑ってみましょう。

 

実際には、検査をしてみないと、咽頭クラミジアに感染しているかどうかは判別できません。

 

咽頭クラミジアとよく似ている性病に咽頭淋病もありますので、この機会に覚えておきましょう。

 

喉に何らかの症状があって、内科で診てもらっても風邪として扱われることもあります。

 

検査をしなければ、何の菌やウイルスに感染しているかわかりません。

 

喉の炎症などの症状で風邪と同じ薬、抗生物質などが処方されることもあるようです。

 

また、咽頭クラミジアと咽頭淋病は症状が似ていますので、検査なしでは区別はつきません。

 

咽頭クラミジアや咽頭淋病の感染に心当たりがあるときは、自己申告しましょう。

 

昨今では、市販の咽頭クラミジア検査キットもありますので、そういった道具を利用するのも手段のひとつです。

 

当サイトや咽頭クラミジア検査キットのご利用は自己責任でお願いします。


Copyright (C) 2009 AIDS検査のスクリーニングとは? All Rights Reserved.

咽頭クラミジアの症状と治療