エイズ検査の方法と種類

AIDS検査のスクリーニングとは?

HIVの検査について

AIDS検査のスクリーニングとはHIVウィルスに感染しているかどうかを検査するもので、病院や保健所で受けることができますが、市販されている検査キットを使用することでも検査できます。また、AIDS検査のスクリーニングとは感染した疑いがある日から3カ月以上経過した後が良いと言われており、3カ月以内では体内で抗体が作られていない可能性が高いため、検査に出ない事があるからです。

 

そして、スクリーニング検査で陽性反応がでたら、引き続き確認検査が行われ、確認検査でも陽性反応がでたらAIDSウイルスに感染していることになります。それにスクリーニング検査の陽性には、AIDSウイルスに感染している真陽性と、非特異反応による偽陽性が含まれていますので、確認検査は必ず行われるようになっているのです。また、AIDS検査のスクリーニングとは検査を受けた当日に検査結果が知らされる即日検査と、1週間から2週間までの間に検査結果が知らされる通常検査があります。近年では、素人でも自宅でできるaids検査キットの通販が普及しています。病院で検査せずに、このようなaids検査キットを利用するのも手段としては有効です。できれば、定期的に検査を受けたいですね。

HPVの検査について

こちらでは、HPV検査についての解説したいと思います。HPVというと聞き慣れないかもしれませんが、HIVとは全く別のウイルスなので、間違えないようにしてください。もちろん、HPVに感染した場合の症状もエイズとは異なるので、注意してください。HPVというウイルスには種類がたくさんあります。未だに解明されていない部分も多いウイルスです。HPVは接触することで感染しますが、子宮頸癌や尖圭コンジロームの原因になることが解明されつつあります。HPVに感染しても症状がでないことも多いので、HPVの感染が気になったら、検査してみることをお勧めします。HPVの検査は市販の性病検査キットがあります。HPV検査が簡単にできるので、お勧めになります。男性の場合は、亀頭の辺りを綿棒のようなもので拭って、それを調べてもらいます。女性の場合は、膣に綿棒のような器具を入れて、膣内部の粘液を採取します。それらの検体を自分で採取したら、郵送すれば検査機関で調べてもらえます。HPV検査キットの値段は通販で数千円が相場だと思います。

 

参考サイト HPV検査キットの通販


Copyright (C) 2009 AIDS検査のスクリーニングとは? All Rights Reserved.